teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「人間になる」 (2)

 投稿者:T.Fujii  投稿日:2014年 8月30日(土)18時04分15秒
   3歳児未満は、おもちゃを共有して遊ぶことが出来ない、3歳を過ぎるころから、他人と共同する事が出来るようになる、そしてやがて協同作業ができだす・・・、この事を前回書きました。

 4歳からは、この協同作業が本格的に、しかもより積極的に出来るようになります。その手本は、相変わらず母親なのです。皆さんは小学校時代まで、学校から帰ってきた時、「ただいま! お母さんは?」といつも言っていた事を覚えていませんか? お父さんは?と言っていた人はいないと思います。しかも、男女ともにです。それ程に、子供にとって母親は大切な存在なのです。特に女の子は、小学校を卒業してもまだ、母親の背中を見て育ち続けます。日々の仕事、立ち居振る舞い、ものの言い方、父親に対する接し方等々、全てのこと細かいことまで、見て学んでいます。男の子は少々遅くなりますが、小学校高学年からは、母親の所作よりも、父親の行動に興味を持ち始め、それを真似し様とし始めます。しかし、これが自分の考えと違っているときには、父母の考えや行動が受け入れがたく、いわゆる反抗期が始まるのです。そして自我が確立していくときでもあるのです。

 人間性やものの見方・考え方、人間の品性を形成付けるのは、家庭において以外にはどこにもないのです。学校は、効率よく学問を教えるところであって、決して行儀作法や社会のエチケットを教えるところではありません。学校は一つの社会です。社会では守るべきルールが存在します。従ってルールは守るべきものとして、言い換えれば、自分の好き嫌いに関係なくルールは押し付けられてきます。授業の学科に倫理や道徳の時間があっても、それは自分が家庭で教えられたものを、学問的に体系付け、明確に理論的な知識として再認識させてくれるだけです。学校では人格形成の手助けをしてくれるだけで、まずは自らが家庭教育の中で身に付けねばならないのです。この事を理解しないで何でも学校が身に付けてくれると誤解しているやからが、いわゆるモンスターペアレンツになるのです。自らの責任を意識できず、なんでも他人に押し付けて生きている大人は、この意味では決して大人ではなく、一人前の人間とも呼べません。

 では、なぜ大人になりきれない大人が生まれてくるのかを考えましょう。
それは、遠く戦後まで遡らなければなりません。終戦時、焼け野原の中で当時の大人は、今まで聴いたこともなかった「自由」と言うものに直面しました。また、それまで信じてきた軍国主義教育から、聞いたこともない民主主義の世界にほり出されました。当時の先生は、学校では昨日まで正しいと教えていたことがまったく逆になり、何を教えてよいのか分からず混乱していました。当然、大人の中でもほんの少数の人しか子供に向かって、指導的な事が言えない状態でした。大部分は何が自由なのかさえ、理解できていませんでした。それらの人たちによって育てられた子供たちが、戦後のベビーブマーで、この人たちは、大部分が子供をどのように育ててよいか分からず、行き当たりばったりの育て方をしました。だからと言ってその人たちを責める事は出来ません。何しろ日々食べる事で精一杯だったのですから。
 さて、この時代に生まれた人は、どのように育てられたかの記憶がありません。即ち、人として一番大事な育てられ方を記憶してないのです。それでいて子供を持ってしまいました。どのように子供を育てるべきなのか知識も経験もなく、子育てをしますから、子供としても何も教えられずに育ってしまいます。当然、子供の事件が頻発する世の中になったのです。

 人間教育、特に「佳き人間になる」為の1スパンは、1年毎のカレンダーではなく、1ジェネレーション単位で考えなくてはならないのです。いま、戦争のツケが来ている事を認識しなければなりません。日本人の各家庭の言い伝えや習慣が、日本人の伝統文化につながっていくことを、そして「よき人間」を作ることを目指して、ロータリーは日々活動していることを忘れてはいけません。
 これは、私の意見です。

 
 

「人間になる」 (1)

 投稿者:T.Fujii  投稿日:2014年 8月29日(金)18時09分49秒
  「人間になる」について少し考えてみたいと思います。
 皆さんは、自分の子供が生まれたときのことを覚えていますか。この時、まだこの子供は未熟で生まれた為に、人間にはなりきっていないのです。鳥などは生まれてすぐ自分で食べることも走ることも出来なす。即ち完全体として生まれますけど、生物学的人間はそんな訳に行きません。親がついていて、四六時中世話を焼かなくてはいけません。それは何時までだと考えられますか?

 普通は、生まれてから約2年間母親がべったりついて育てます。その間、授乳中は母の体温を感じながら、じっと母の顔を見ていますし、母は何事か話しかけています。これは誰に要求されたものでもありませんが、いつの間にか行われる母の教育なのです。そのうち一人遊びができるようになりますが、まだ母親と子供が作る一つの世界の中にあります。そして次の子供が生まれると、母親と2番目の子供の世界が新たに作られ、上の子は下の子供との間に競争関係が出来ます。即ち、母親のうばいっこです。

ここで初めて上の子は社会の第一歩を経験することになります。この経験を持たない一人っ子はいつになっても社会経験の基礎が出来ませんので、昔の賢人は「一人っ子は、それ自身で精神的奇形児である」といっております。それほど、この時の経験は大事なのです。
 2~3歳児が集まって遊んでいる光景を見たことがありますか? 3歳未満の子供たちの遊びの特徴は、それぞれがおもちゃを持って遊んでいても、自分とおもちゃの関係だけでしか遊んでいません。自分のほしいものを他人が持っていれば奪い取りに行きますが、それを取り上げれば、再び自分とおもちゃの世界です。ところが3歳児以上になってくると、一つのおもちゃを共同で利用するようになります。これが社会性の発達を意味しています。この意味するところは、社会にはルールがあることを理解し、それを守る必然性を経験的に身に付けていくことが出来つつあると言い換えることができます。

 幼稚園や保育園に行ってみてください。みんなが席についているときに、ひとり歩き回っている子がいます。この子はこの経験ないし訓練が出来てない子です。この年代で、社会性を身に付けてなかったら、その子は小学校に進学しても、クラスでは歩き回る子で邪魔な子になってしまいます。この3歳の時期は、人生にとってとても大切な時期で、本人の将来を左右し、人格形成に影響を与えます。この時の主役は母親です。子供は何があるとすぐ母親の顔を見て、して良いこと悪いことを判断しています。残念ながら、この時期父親の顔を見上げる子供はいません。母親は大変な先生なのです。そして自分を助けてくれるのは、母親であることを認識するのです。
父親の役割は、いずれ出てきますがもっと先の話です。
昔の人は、このことを「三つ子の魂百まで」と表現しました。

 

雑感(3)

 投稿者:T.Fujii  投稿日:2014年 8月17日(日)20時16分56秒
   とうとう伊予市でとんでもない事件が起きましたね。壊れた家庭で、まだ一人前の「人間」になれずにいた者同士が、お互いに自己主張のみ強く主張すれば結果はおのずから分かっています。社会性の欠如の帰結です。
 かのフランスの哲学者パスカルは、パンセの中で「人間は葦…、」との有名な言葉を残しましたが、もうひとつ、「自らが問題を見つけ、それを解く努力が出来るようになって初めて一人前の人間となり、そのことが出来るようになるのは20歳前後である。その時期までに思考の習慣が出来なかった者は、一生子供である」との意味のことも言っています。1600年代にしてすでに「人間になる」との発想が出来ていたのです。その基は家庭にあることも知られていました。そう考える時、家庭の主婦が如何に大事な役割を担っているか、想像に難くありません。
 翻って、わがクラブには、「婦人の会」と言う他のクラブにはない会があります。これを発案した会員には本当に頭が下がります。恐らく、主婦をプロの仕事人として認識しておられたから、この様な発想が出てきたのだと思います。主婦に常に感謝の念を抱けることは、すばらしいことです。
 我がクラブにはこんなにすばらしい会員がいるのです。毎週例会に出席することで、その会員と話しをし、自らを高めるために、そして昨日よりも一歩進歩した今日の自分はきっと一歩進んだサーヴィスを提供できる人間になっていると信じましょう。かつてのロータリアンが目指した理想を求めて・・・。
 

雑感 (2)

 投稿者:T.Fujii  投稿日:2014年 8月15日(金)16時06分35秒
   最近の新聞によると、政府は女性の管理職登用を30%まで引き上げるようにとの目標を掲げています。そのために、産休の取りやすさとか、待機児童を0にする政策とかに力を入れています。私は、これは余計なことだと考えています。
現在は、女性管理職は10%あまりですが、それ以外の女性が、管理業務を全くしてない訳ではないでしょう。会社の業務だけが管理業務ではありません。大企業だけが会社ではありません。町の中小企業では奥さんが、銀行との交渉やら物品の発注、会計処理まで会社の経営の一端をしょって働いています。
また、女性一般職について言えば、いったん職場を引いていても、子育てという人間教育上一番大事な時期を担当し、子供の人格形成の基礎をつくる責任ある大事な仕事をしているのです。会社で仕事をすることだけが、評価されるようなことがあってはなりません。
 「人間」は、「生まれながらにして人間」ではないのです。生まれてから後で「人間」になるのです。かつてインドにおいて、狼に育てられた子供がいました。後に学者が集まって人間としての生き方・生活の仕方を教育しようと努力しましたが、どのようにしても狼の生活習慣から脱却できず狼として死んで行きました。
 人は非常に未熟な形で生まれます。そして母体から離れた後「母親」から食べること、生きること、そして社会性を教育され、やっと人間社会で生きる術を身に付けるのです。弟や妹が生まれると、一番狭い社会環境が生まれ、その中でどのように振舞うべきかを学び、一緒に生活していくうちに、肉体的な痛みや精神的な痛みとともに愛情や慈しみの心も育てられていくのです。
そして、少しずつ時間をかけて「人間」として育っていくのです。この時期は母親が主役なのです。ものすごく大事な、「人間を作る」仕事をしているのです。

 もし、子供が女の子であったら、母親の生き方が手本になって、家庭というものを理解していきます。その時期は、おそらく12~13才までつづきます。男の子であったら、おそらく17~18才まで続くでしょう。そして、その年代以降は自らが本来体験や実体験を通して自分自身を伸ばしていく時代になります。いづれにしても子供たちが「人間」になるのには、両親の背中を見て育つ時期が必要なのです。この時期が一部でも欠落すると、他人の痛みが理解できない或いはできにくい人間に育ちがちです。
 このように我が子にとって一番大事な時期を、他人にまかせっきりにして、自己の欲望を優先させることに私は理解が出来ません。

 本題に帰って、待機児童の問題は、本当に最優先事業でしょうか? 子供が「人間としての教育」を受けるべき権利はどうなっているのでしょう?
 

訂正します。

 投稿者:T.Fujii  投稿日:2014年 7月28日(月)21時10分5秒
   2年前と書きましたが10年前の誤りでした。
 また、長崎でと、漠然とした表現をしましたが同じ佐世保の小学校の事件でした。
 

雑感

 投稿者:T.Fujii  投稿日:2014年 7月28日(月)20時59分33秒
   先日、佐世保の高校1年生の女生徒が同級生を絞殺し、遺体を切断までしていたとのニュースがマスコミを賑わせています。2年前に長崎で発生した子供の殺人事件以来2度目の少年少女による殺人事件です。前回以来、教育委員会の指導の下、各学校では命の大事さを強力に教育・指導してきたと言います。
 私が思うに、まだ幼い青少年に言葉で「命の大事さ」「人を愛する」「生命」など教えられると思っている教育委員会の発想が不思議でなりません。これらの抽象的な概念を言葉で表現することが如何に困難なことであるか、教育者自身が理解してないから、「学校で教える…、」という発想が生まれてくるのではないでしょうか。それは、教師の思い上がりです。
 これらの事は、人と人との接するところ、基本的には、生まれてきて最初に与えられる親子関係、家庭環境の中で経験する実体験の上に日々積み重ねられた概念があって、それらのうえに理解が築かれるのです。それを無視して、どんな言葉をどんなに積み重ねても、それ等は他人から教育として教えられるものではないと思います。先日行われた近隣8クラブの講演で、男女参画云々の話がありました。産休が取れない…、保育所が足りない…、職場復帰が難しい…、待遇に差がある等、話題になっていました。この話の中で考えられている企画の中には子供からの目がまったく無視された話ばかりで、子供の人権はまったく無視されていました。大人の都合からの話ばかりでは、子供は大人に…、「人間の成人」になれないのです。人間は人間と人間の間で育たないと「人間」になれないことを思い出すべきです。「人間」は教育だけでは生物としての人間にしかなりえないのです。
 我々は、家庭教育の大事さと、学校教育は家庭の代わりが出来ないことに思いを致すべきでしょう。男女同権も良いですが、子供の人権をもっと大事にする事を忘れては、今回のような事件がまだまだ続くと思います。残念ながら…。
 

ポリオ撲滅? 追加の追加

 投稿者:T.Fujii  投稿日:2014年 5月19日(月)13時07分22秒
   前回例会場で「友」が配布されました。5月の始めにWHOが「ポリオの世界的流行の懸念があるので、各国ではワクチン接種を徹底させるように」との警報を発したと言うのに、今月号で、RIは「ポリオ撲滅のため」との言葉を使って、いくつかの記事をのせています。まったく皮肉な話です。ロータリーアンは、嘘をついてはいけません。「いつまでかかるか、分からないけどポリオ発生を零に近づけよう」との活動なら、嘘ではないし努力目標として立派な活動になるでしょう。
 2670地区のガバナーが、「ロータリークラブは寄付団体です」等と発言し、わがクラブの会員は、飛び上がらんばかりに驚かされた事がありました。

 本来、ロータリークラブは、自己の職業を通じて奉仕することを目的にしている者の集まりです。またクラブの活動は、例外はあるものの単年度を基本としています。それなのに、終了年度も分からない年余にわたる活動を企画し、それを維持するために、年々多額になっていく寄付を求めてくることは、はたしてロータリ-の活動として、相応しかったのだろうか? はなはだ疑問だと思いました。

 ロータリーが本来の活動目標を見失っている限り、他の寄付団体と変わることがなく、古い会員から愛想が尽いたと、退会者となってしまいます。新会員増強どころじゃないと思います。皆さんは如何お考えでしょう?
 

ポリオ撲滅? 追加

 投稿者:T.Fujii  投稿日:2014年 5月10日(土)20時52分12秒
   前回の私の書き込みに対して、言葉不足との意見をいただきました。
いわく、「ワクチンとインフラがどのように関連しているのか説明不足!」

 確かにその説明は不足でした。追加させていただきます。

 経口生ワクチンは、口から入った後、腸にいたります。そこで抗原抗体反応を起こし、身体の中にポリオに対する抗体が出来上がります。一方、経口生ワクチンのウイルスは文字通り生きていて弱毒化されたものであり、大部分は生きたまま腸管より排泄されます。したがって、排泄された弱毒生ワクチンウイルスが生水や排泄物の混じったため池の水によりポリオに二次感染しないなどと断言できるものではありません。ワクチンを受けた人(主に子供)の栄養状態や抗体産生の能力により、感染もすれば発病もする可能性があります。それなのに上下水道が出来てない場所に、そんな生ワクチンを垂れ流しにすることが、どんな結果をもたらすか容易に想像できろでしょう。
 私が、インフラの出来ていない地方に、しかも貧しい国に経口生ワクチンを、いくらお金をかけて配布しても、ポリオ撲滅は出来ないと主張する根拠です。早くワクチンを経口から注射に変更すべきです。

 戦争をしている国で、ボランティアグループが負傷者に手当てをしているのと同じで、「国境なき医師団」は「負傷の撲滅」を目標にしてはいないのです。これは大切なことで、この終りの見えない運動を続ける意味は十二分にあると考えますから私も応援しています。しかしRIは「撲滅」と称してお金を集めています。これは、詐欺に近い表現だと思います。もっと正直に表現すべきだし、説明すべきだと思います。
 いま、アルカイダは、生ワクチンを受けないように、住民を説得して回っています。これらの事も頭においておく必要があるでしょう。

 少し分かって頂けましたでしょうか。
 

ポリオ撲滅?

 投稿者:T.Fujii  投稿日:2014年 5月 8日(木)20時13分12秒
   数日前、テレビや新聞でポリオが世界で広がりつつあるとの報道がされていました。以前から私が主張していたことが、本当に証明されつつある事に、暗い気持ちでおります。RIは今までどれだけのお金をつぎ込んできたことだろう? あと1年とか、もう少しと言いつつ、次第に寄付額は上昇し、今や一人1年に$100?
 今のやり方では、インフラができていない所にいくらお金をつぎ込んでもポリオ撲滅は夢のまた夢。野生株のポリオ撲滅を目的にしているとしても、患者が一人出れば、他人への伝染をゼロにすることはできません。
 確かに、経口の生ワクチンは、初期費用が安く済むかもしれませんが、初めから注射による予防のほうが、効果は確実で最終的には返って経済的でしたでしょう。上下水道のインフラが、結局ものを言うのです。
 日本は、先進国の中で数少ない経口生ワクチンを使用している一国ですが、一応ポリオを押さえ込むことに成功したように見えます。これは、曲がりなりにも上下水道というインフラが整っているからです。その日本ですら、数年に一度、経口生ワクチンによる二次感染が出るのですから、いわんやインフラが十分でない国からポリオを追放するなんて至難の業です。
 私は、患者発生を一人でも少なくすることを目標に活動することは、大変大事なこと思いますですし、私も賛成で、募金にも参加しますが、「ポリオ撲滅」と表現するロータリーの言葉には、また、「あともう少し…」、とか「後1~2年で目標達成」などと言われると詐欺師がものを言っているのを聞いている感じになって全く不愉快です。
 皆さんは如何お考えですか? 本当に「世界からポリオ撲滅」は可能と考えられますか?
 

奉仕のあり方

 投稿者:ODA  投稿日:2013年12月20日(金)18時06分29秒
  18日の卓話で元同僚である喜安君が自身のボランティア活動の取組について報告してくれた。前々から話は聞いていたのだが、その規模の大きさに驚嘆した。
彼は以前から積極的に行動するタイプなので、奥さんが上手くコントロールしているのだろう。
彼の活動はロータリーでいう所の奉仕活動に値するのではないか。
明日彼に会う機会があるので、詳細をたずねてみようと思っている。
 

レンタル掲示板
/21