teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


無題ー続き

 投稿者:T.Fujii  投稿日:2013年11月 4日(月)12時31分12秒
   前回、私は疑問だ…、と書きました。わたしは、RIの本音は活動資金集めにあると思っています。
 そこで、それならばー、と今手元にあるお金から5万円を、RIの年次活動資金としてロータリー財団に寄付する事にしました。このお金は、私が伊予医師会の議長を退いた時に、慰労金としていただいたものです。私にとっては不労所得でありました。本来無くてもいいものですから、全額高山氏の主催している地雷除去活動に寄付するつもりでいたので、その中の一部を財団に回したに過ぎません。皆さんに、財団寄付のお手本を示す気など毛頭ありませんので、どうぞ、まねをしないで下さい。
 我が家族の必要とするお金ぐらい、私の細腕で稼いで見せると言うのが、私の信条なのです。

 とろで、伊予商工会議所の重鎮に我がクラブから2名も名前を出す事になった由、本当にオメデトウございます。頑張ってください。心からお祝い申し上げます。 ??慰労金はでるのかなー??
 
 

無題

 投稿者:T.Fujii  投稿日:2013年10月23日(水)22時16分15秒
   最近と言っても5月頃より、老人性の「うつ」で、何をするにも意気があがりません。仕事にも全力投球が出来ていません。なのにふと、今夜例会が終わってから、何気なくこの掲示板を久しぶりに開いてみました。そして、門田君の書き込みを見て彼のRCに対する真摯な態度と生き方に触れ、自分でも何か書いてみようかなと、PCを前にしています。まだ頭は曇っていますが、読んだり書いたりしているうちに、「うつ」を瞬時でも脱却できたらと思いつつ…。

 9/19の例会出席の話は面白い。あわじ中央RCの基本的なスタンス、「善意に満ちたロ-タリアン… 」以下の部分は、RI自身によってふみにじられ、かつての大事な基本とされたものがなくなってしまった現在、出席の大事な基本理念さえ会員を例会出席に駆り出す力を失ったしまったと思えてきます。会員を増やす事に汲々とするRIの姿勢そのものが、自らの魅力をそぐ結果となっている事に、自クラブの出席率の低下に、そしてロータリーの魅力低下につながっている事にどうして気づかないのだろう。

 今夜も、分区代理の会員増強の話があった。
 我がクラブは、会員30名で創立以来34年間に、残念ながら14名の物故者と108名の退会者を出している。そして現在会員30名。考えてみれば、34年間に122名の会員を失い、122名の新会員を迎えている事になる。これは1年間に平均3.6名の新会員を迎えた事だ。決して恥ずかしい数ではない。しかも、活動において退歩しているとは思えない現状だ。
 私は、なぜRIが会員増強をそんなに強調するのか、その説明を分区代理から聞きたかった。数を増やせば、ロータリアンは各々、より立派に育つのだろうか? 私には疑問だ。


 

Vocation Service (職業奉仕)

 投稿者:門田 眞一  投稿日:2013年 9月26日(木)08時18分52秒
  大野会員の卓話を聴きながら、ホテル業の苦労や市民・利用者のモラルなどを考えさせられました。

 『サービスはホテルに学べ』(富田昭次・光文社新書)に、次のようなことが書かれてありました。「ホテルという世界は、突発的な出来事が日常茶飯事のように起きるところである。危機管理というほどのものではないにしても、打ち合わせの中で、こういう事態が生じたときは、こう対処しようという、マニュアルを超えるようなシナリオを用意し、話し合っておかなくてはならない。いや、たとえシナリオを用意しておいても不十分であるに違いない。人知の及ばない予想外の出来事は、迅速で臨機応変な対応を必要とするからだ。そこにサービスの難しさがある」

 ロータリーの原点は「職業奉仕」といわれています。英文ではVocation Service 。アメリカで生まれたロータリークラブですから、職業の意味には神から与えられた「天職」、サービスは「自己の意志で奉仕する」という意味があるようです。

 日本では、サービスがいいとか悪いとか、もっぱらサービスは「自らが受ける恩恵」の意味で理解されているように思います。とりわけホテルなどの利用者は、私も含めて我がままです。そんなお客様に、迅速で臨機応変な対応。「自分の意志で奉仕する」人間力が必要なのだと思います。自らの職業に誇りを持てるからこそ他の職業にも理解をもてる-「Vocation Service」のサービスの意味を考えさせられました。
 しかし、自らの利益ばかり求める傍若無人なお客には困ったものですね。 
 

ロータリークラブの出席は会員の責務

 投稿者:門田 眞一  投稿日:2013年 9月19日(木)08時31分48秒
   昨日のクラブ協議会。時間どおり始まらず、欠席や遅れる方も多かったのは残念です。個々の事情を聞けば、仕事などやむ得ないことだったのでしょうが、やはり会合の時間についても集まりやすい時間を考えることも大事ではないでしょうか。しかし最近、こうした協議会も形骸化しているような感がしないわけでもありません。委員会も役割分担上に配属されていて、相互に意見調整などがされているでしょうか? 気がつくことは、会長・副会長・幹事に相談して、各委員会の委員長さんに対策をとってもらうこと。会社や組織でも、報告・連絡・相談(ホウレンソウ)は基本的なことだと思いますが。

 例会の出席が相変わらず良くないですね。原因はどこにあるのでしょうか? 会員の意識? 仕事や健康などの事情?  クラブの運営上の問題? いろいろあるのでしょう。問題は、どんな対策をとっているか、いないかではないかと思います。例会出席は、ロータリーの責務(会費・出席・雑誌)のはず。うるさく言われる先輩方も少なくなっている気がします。出れなくてもメーキャップでフォローされている会員もいるのですが、多くはそうなっていないようです。

 ITで検索していたら、例会出席について、あわじ中央RCのHPに考えさせられる情報がありました。とりあえず、参考までに。


 ロータリーライフの第一歩は、まず毎週例会に出席することから始まります。現在、①ホームクラブに半期30%以上出席、②メークアップを含めて半期60%以上出席、③連続4回以上欠席してはならないと規定されています。この規約は、会員身分を保障するための最低条件に過ぎません。ちなみに、連続4回以上欠席すると自動的に会員資格を喪失するという規定は、1905年3月23日、ロータリーが発足してからわずか3回目の例会で決められたものです。メークアップ制度ができたのは、ずっと後の1922年です。例会出席は、友情の証であり、四回も続けて休むような薄情な人に真の友情を期待することは不可能だとして、即、退会という結論が出たのです。
 なぜロータリーは例会を強調するのでしょうか、クラブ奉仕部門の補助文献324号にそのことが記載されていますので紹介いたします。

1.ロータリーの原則であるところの知り合うこと親睦とは、クラブの例会に常に出席することによってもっともよく伸展させることができるのである。
2.彼の属する職業界にロータリーを代表することを承諾したロータリアンは、例会に常に出席することによってのみ、その職業に従う人々に持ち帰るべきロータリーからの土産を得ることができるのである。
3.充分知識のあるロータリアンになるためには、例会に出席してクラブのプログラムやその活動からロータリーについて学んでこそなり得るのであり、またクラブにおいて活動する一会員となることによって完全に同化されるのである。ロータリーにおいて活動することによってのみ、その特典を受け得るのである。
4.ゴルファーはリンクスで、ボウリングはアレィで、テニスはコートでそれぞれ球を追うことを練習するのである。これと同じくロータリアンがロータリーを習うべき場所は例会においてなのである。
5.ロータリーとは人々が集まり、各自の品を他の人々と交換して、その経験をさらに豊かにするところの宝を持ち帰る一つの市場である。したがって例会へは各自の商品である友情、親睦、微笑及び挨拶を持って出席し、逢う人ごとにこれらを提供し、その代わりとして、必ず到着した時よりも多くの精神的利益を得て帰途につくに定まったものである。したがって例会に出席しない人はこの有利な交換の機会を失うことになるのである。

 ロータリーの奉仕哲学は「利己と利他の心」をたくみに調和させる哲学です。ロータリークラブが職業人の集団である以上、会員の事業の安定と発展なしにはロータリー運動を維持することはできません。ロータリアンの事業の安定を図る方策は、物質的互恵から精神的互恵を経て、職業奉仕の実践に移行し現在にいたりました。奉仕哲学を探究しつつ、永年のロータリー活動を通じて蓄積された膨大な情報こそ、ロータリアンの事業を発展させ、企業経営に健全に導く貴重な情報ともいえるでしょう。
 善意に満ちたロータリアンが毎週1回集う例会は、あらゆる職業情報の交換の場でもあります。一業一会員の原則で同業者は排除されていますから、どんな深刻な問題でも機密事項でも、他に漏洩したり本人の不利になることなく、皆が真剣に相談相手になってくれるはずです。その前提になるものこそ、ロータリーの友情なのです。
アナハイムの国際協議会の会場入口には、「入りて学び、出でて奉仕せよEnter to learn, Go forth to serve」の看板が掲げられました。この言葉はロータリーの会合に参加するときには、その会合を通じてロータリアンとしての心を磨くという目的意識を持って参加し、会合を終えてコミュニティに戻れば、奉仕の心を実践に移すことを意味します。

 米山梅吉は「ロータリーの例会は人生の道場である」と語っています。例会の目的は、職業上の発想の交換を通じて、分かち合いの精神による事業の永続性を学び、友情を深め、自己改善を計ることにあり、その結果として奉仕の心が育まれてきます。自己改善は終生続けられるべきですから、ロータリアンに定年はないし、ロータリー運動には終結もありません。例会出席がロータリーライフの前提となるゆえんはここにあるのです。

 例会は、お互いが切磋琢磨して自己研鑽に励む貴重な修錬の場であるがゆえに、例会運営にあたる人は、事業に従事すべき貴重な時間を割いて例会に参加する会員に、それに値するメリットを与える義務があるのです。限られた時間の中で、いかに有益な情報を効果的に提供するかを真剣に考えて実行しなければなりません。参加者の心に深い感銘を与える内容であってこそ、例会出席の意義が満たされるのです。
 例会の場を通じてロータリーの理念を学び、自己改善を積んだからこそ、下請業者や従業員や顧客の犠牲のもとに不当な利潤を追求したり、後ろめたい気持ちで濡手に粟の暴利を貪るよりも、企業モラルの昂揚を目指しながら、信頼に基づいた継続的な取引の中から適正な利潤を得ることが、事業を成功に導く道であることに気づいたのです。
例会で学んだ奉仕の理念を、自分の職場に活かすとともに、自分が属する業界に広め、地域社会全体の職業モラルを高めることが職業奉仕だと考えれば、例会を休むことは、自分自身はもちろんのこと会員全体に、さらに地域社会の全てに大きな損失を与えることになります。
 

「新世代奉仕」は「青少年奉仕」に変わりました。

 投稿者:門田 眞一  投稿日:2013年 9月 5日(木)00時42分16秒
  今月は新世代のための月間ということで、RACとの合同例会や交換留学生への援助の意味を考える機会です。ところで2013年のRI規定委員会により「新世代奉仕」の名称がまた「青少年奉仕」に変わったようです。どういう理由かわかりません。対象を明確にする意味では、青少年のほうが一般的なような気もしますが。どなたか知っている方教えてください。

いずれにしても、今年度の委員長が読み上げた「伊予ロータリークラブ細則」が基本。「年齢30歳までの若い人全てに対する諸責務を遂行する指導と援助を考案しこれを実施」しなければなりません。

ところで例会の新世代委員会報告で、クラブ計画書の方針に記載されている、○○スカウトへの援助について「諸般の事情で行わないことにしました」という報告がありました。諸般というあいまいな説明で、会員はわかるでしょうか? しっかりとした説明がないと誤解を生むことになるでしょう。ロータリークラブの精神は、狭いギブ&テイクの関係で、全ての青少年に「奉仕の理想」を育てようとしているのではないと思いますよ。しかるべき説明をよろしく!
 

セーラムのロータリークラブ例会

 投稿者:門田 眞一  投稿日:2013年 8月29日(木)07時33分44秒
  先週は、伊予市の16名の中学生海外派遣事業のボランティアとして、渡邊会員とともにオレゴン州セーラムに行きました。

伊予市・セーラム国際交流委員会(会長・岡部商工会議所会頭)が実施しているこの派遣事業は4年目となり、これまで64名の中学生が海外体験をしました。、5100地区(オレゴン・ワシントン州)・青少年交換委員会とセーラムエリア10クラブとロータアクト、とりわけ現地のEdoさん、Chuck伊藤さんの協力なくして実施できない事業です。93-94年の長期交換留学生として伊予市にきたケアリー・E・ディビスのお父さんがEdoさんです。セーラムと伊予市の友好の懸け橋をつくったのが20年来の青少年交換。いまや伊予市の中学生たちが、そのあとをつないでいます。アンナ・セーラム市長も名誉会員ですし、リンダノリス・シティマネージャーもロータリアンとのことです。

セーラムに訪問する機会に、伊藤さんのセーラム・サンライズRCの朝の例会に参加。今年も渡邊会員、武智市長らと出席しました。アメリカのロータリーの例会は、日本のような形式主義ではない自由さがあります。参考までに、少しセーラムのロータリー例会を紹介します。

地域のシニアセンター(公民館のようなもの)に集まり、食事代として2ドル程度を払い、バイキング方式で食事や飲み物を各自が必要なだけとってテーブルで歓談。その後、点鐘をして例会がはじまり、起立して合衆国への忠誠、ロータリーの誓いを唱えます。ロータリーソングはありません。食事と会議が区別されている点も違います。みんなが同じ弁当で食事しながらなんてことは、いかにも日本的?なのです。服装も自由、ネクタイをしているのは公務員ぐらい。仕事着で参加しています。そのかわりロータリーバッジは厳格で、忘れれば罰金を払わないといけません。サンライズも伊予と同じ30名ぐらいですが、三分の一が女性でしょうか。男社会の日本では、なぜかネクタイが好きなのですね。

食事が終わると例会。会長のスピーチ、ゲストの紹介、幹事からの活動報告、会員からセーラム図書館の施設充実のためのボランティア・募金の提案。ドネーション(日本のニコニコ箱)のやり方も違います。会場の入り口の゛関所゛で寄付金を集めるのでなく、担当者がテーブルをまわりながら、会員がこの1週間の出来事で感謝したことや奉仕活動を短いスピーチで紹介。それに「よかったね」と賛意・応援する会員が挙手をして数ドルを担当者に渡すのです。誰でもがスピーチできます。外部卓話で知識を得ることよりも会員相互の研鑽や信頼・友情を高めることを中心に運営されているのです。スピーチ中に私語をするなんてマナーが悪い人は、もちろんロータリーにはいません。

もちろん日本のような書類だらけでなく1枚のペーパーもないのです。会員用のBoxなど必要ありません。その代りITはだれもが使え、常時メールなどで連絡し合っています。会員同士の会話だけで例会が成り立っています。バナーなどの旗と鐘さえあれば、どこでも例会ができ、ローコスな運営です。もともと会員宅をぐるぐる回って例会をやったのがロータリー(歯車)の始まりだったのですから、簡素にやることは当たり前です。そのため会費も食事代は別にして伊予の1/3ぐらい。やはり女性会員を増やすためには、エコノミーという考え方や会費、運営方法を考え直さないといけませんね。

アメリカの社会には、一人ひとりの市民が地域社会を支えつくりあげてきた歴史や伝統があります。日本は、国の歴史ははるかにアメリカより長いにもかかわらず、市民としての自立という点では、まだまだ後進国なのではと、思ってしまいます。ことさらボランティア・奉仕などと言わなくても、当たり前のこととして市民に根付いている。そこが違うのだと。セーラムの例会にメークアップして、いつも思うことです。
 

ロータリーの青少年交換

 投稿者:門田 眞一  投稿日:2013年 8月17日(土)19時57分37秒
  今日、2013-2014長期交換留学生・長岡裕介君が、ご家族の見送りを受けてオレゴン州セーラムへ出発しました。この20日にはポートランドからシェラ・アレグラが伊予市に来ます。第1ホストファミリーは武内会員宅ですが、あらためて伊予クラブ全体で受け入れているという自覚を会員みんなで共有しましょう。

ロータリーの青少年交換は、1920年代のヨーロッパの少数のクラブではじまり、第2次大戦後再開され現在まで続けられているロータリーらしい新世代プログラムです。青少年交換の意義について「異文化に接することは、国際理解と平和を推進する最も効果的な方法です。ロータリーの青少年交換プログラムは、海外の人々と交流し、異文化を体験することによって、生涯にわたる国際理解の種を播く機会を多くの青少年に提供しています」とあります。また青少年交換プログラムによって「新しい生活様式、さらには新しい言語、そして自分自身についても多くのことを発見することになります」また「自国やその文化、自分の考えを出会った人々に伝える若き親善大使として、新しい友人を作りながら、世界を一つにする役割を担います」と、その目的が示されています。

グローバル化する複雑な世界の中で、国際理解と平和を推進することの重要性、若き親善大使の役割は重要になっていると思います。伊予市がセーラムに中学生を派遣しはじめて4年目。第1回目の派遣生の一人が長岡君です。同じオレゴン州サウスセーラム高校に1年間留学し、日本・愛媛・伊予市とオレゴン州をつなぐ役割にぜひ期待したいものです。

偶然ですが、長岡君の出発の2時間後、伊予市の16名の中学生がセーラムに向け出発しました。20年以上青少年交換を続けてきた伊予クラブの実績のもとに、5100地区のEdoさんや伊藤さんたちの協力でこれらの事業が支えられています。現地でロータリー関係者の温かい友情にふれることができるはずです。今回は武智市長が団長を引き受けてくれました。迎えてくれるセーラム市長のアンナ・ピーターソンさんもロータリーの善き協力者です。また伊藤さんのサンライズ・クラブのマイク会長がセーラム市の広報官として案内してくれるそうです。青少年交換をつうじて、伊予市とセーラム市の交流の絆が一層深まることも期待したいものです。





 

ロータリー情報  正会員と名誉会員

 投稿者:門田 眞一  投稿日:2013年 8月 1日(木)09時37分18秒
  ロータリークラブの理念や運営ルールについて、まだまだ知らないことが多いと思うこの頃です。今年度はロータリー情報委員会に属していますので、再学習をしようと思います。

ロータリークラブには、正会員と名誉会員の二種類の会員規定があります。正会員の入会は、正会員の書面による候補者の推薦→職業分類・選考委員会の審査→理事会の30日以内の承認・不承認決定→会員候補者への説明・承諾→理事会の7日以内のクラブ会員への承諾→異議申し立てがあれば理事会で票決→理事会の全会一致で入会の承認。

一方、名誉会員は「クラブは、標準ロータリー・クラブ定款に従い、理事会により推薦された名誉会員を選ぶことができる」と伊予RCの細則に定めています。即ち、理事会の推薦ののち、会員にはかりクラブの決定(選挙)という手続きをとらなければなりません。

『標準ローターり・クラブ定款』では、名誉会員の資格について次のように定めています。

第6節 ? 名誉会員
(a) 名誉会員の資格条件。ロータリーの理想推進のために称賛に値
する奉仕をした人、およびロータリーの目的を末永く支援したこ
とでロータリーの友人であるとみなされた人を本クラブの名誉会
員に選挙することができる。かかる会員の身分の存続期間は、
理事会によって決定されるものとする。その人は、二つ以上のク
ラブで名誉会員身分を保持できる。

(b) 名誉会員は、入会金および会費の納入は免除されるが、投票権
を持たず、クラブのいかなる役職に就くことができない。・・

伊予RCの正会員の入会手続きとともに、名誉会員の選定についても、これらの規定にもとづき
ロータリーの理想や目的、ロータリーの友人であることをしっかり理解していただいて入会して
もらうことに、あらためて細心の配慮を行うべきでしょう。

 

短期交換留学生受け入れ、ご苦労様でした。

 投稿者:門田 眞一  投稿日:2013年 7月18日(木)07時31分50秒
  小田会長はじめ国際奉仕委員会のみなさんへ。

短期留学生の受け入れ、5日間、連日ご苦労さまでした。
今年度は、ニュージャージ州から23名中8名を伊予で受け入れるということもあり、
HFのご協力や平日プログラムでの車の手配など、みなさんにご負担をおかけしました。

今回アメリカへ行く行徳・正本さんたちの家でホームスティできたことで、若い彼らと
交流ができ友達になったようです。これからニュージャージに行く際にも役にたった
とのことです。昨年、短期で行かれた出海さん家族とセトン・リーダー家族とは、その
後も交流が続いており、ロータリーの交換留学が青少年同士の交流に発展しています。

今日の例会で、HFはロータリーで受けるべきという地区からの要請があったとのこと
ですが、交換留学生のお宅で受けていただく方が、青少年交換の趣旨に合っていると
思いますが、どうでしょうか。勿論、派遣の条件ではありませんが。

今回、愛媛県で短期を受けているクラブは、松山南・松山西・松山北・新居浜・西条・
川之江・大洲・八幡浜・伊予の9クラブ。うち伊予が8人、西条が4人、他は2人です。
クラブが偏っていることや伊予の負担がやや重すぎるように思います。今年2名派遣した
結果ではありますが。各クラブの取り組み姿勢に起因しているのではないでしょうか。

また全体の受け入れスケジュールが、カルテで各県の日程をみると、ハードなもので
「洗濯もできない」実情もあるようにも思います。伊予に来た学生が体調を崩したのも
猛暑とともに、こうしたことも一因でないでしょうか。伊予では1日目フリー、2日・3
日しまなみ海道・松山などの観光をゆったり目に入れたつもりですが、地区や各県のスケ
ジュールの見直しをふくめて、来年に向けて再検討も必要でしょう。とりあえず反省点で
すが、参考にしてください。

 渡邉さま。短期受け入れでは、体調を崩した学生の対応で、地区との連絡などお世話にな
りました。若い学生たちとのコミュニケーション力を今後とも国際奉仕活動に活かしてくだ
さい。伊予クラブでは一番向いていると思いますので。ひきつづき長期交換留学生のカウンセラーとして、よろしく。

 

投稿を見かけたので

 投稿者:国際奉仕地区委員  投稿日:2013年 7月 8日(月)21時30分40秒
  レスとしては遅過ぎますが、少しだけ自分のスタンスを書いておきます。

クラブの仕事をしないで地区の仕事をしたい訳ではないのですが、現実的に自クラブの要職は出来ないまでも、何か役に立つならこのくらい(年間4、5回の委員会プラスアルファ)はしないといけないかな、と思ってやっています。

が、出来れば変わって欲しいのが本音です。
次年度に向けて、是非後任を決めて下さいますよう、切にお願い申し上げますm(_ _)m
 

レンタル掲示板
/21