teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


まゆつば?

 投稿者:T.Fujii  投稿日:2012年 8月 1日(水)22時50分15秒
   素粒子については、私は門外漢でさっぱりわからない。だけど疑ってみる精神だけは人並みに持っている。

 今日は、ガバナーを迎えての例会だった。いわく、今年度ロータリー財団に寄付をすれば、その75%は3年後に我々の活動資金として地区より返ってくる…、だから是非年度寄付を1万円/一人、お願いしたいとのことだった。
 なるほど、悪い話ではない。ぼんやり聞いていると、いいことずくめに聞こえる。だが、良く思いだしてほしい。我々が、最大の努力をかたむけ、地区がそれを良しとした時のみ、この条件は達成される。残り25%は、どこえいったのだろう? 地区が50%しか我々の計画を認めなかったとき、残りの金はどこえ行くのか?
 要は、地区全体で集めたお金は、常に25%以上RIに残るか、地区に残るかのどちらかになる。きつい言葉にかえていえば、RIまたは地区の活動資金が、この計画が施行される前より、確実に25%増えるというこだろう。これらのことについての説明が一言もなかったのは、詐欺師がリスクについては、話をしない話法とよく似ている。
 以前は、ロータリー財団にぜひ活動資金を寄付してくださいと言っていたのに、それではお金の集まりが悪いため、セリフを変えてきたとしか、理解できない。これは、私だけのひがみか?

 RIのゾーンにおける「ロータリー財団地域セミナー」が前もって開かれているはずだし、その報告書はクラブに来てないだろうか? このような大事な会にはハンドブックがあるはずだ!
 何一つ、正確な情報がない状態で、ハイそうですか、と1万円を支払うほど、私は金持ちではないし、お人好しでもない!!
 皆さんは、如何だろう?

 
 

素粒子について

 投稿者:ODA  投稿日:2012年 7月12日(木)23時40分4秒
   つい先日、ヒッグス素粒子が発見されたという科学界では衝撃的な発表があった。私が大学の一般教養で物理学の口座を受講した時には全く聞かれなかった素粒子である。
 物体の質量がどうして存在するかについては、当たり前のように考えていたが質量を構成するものが素粒子であり、納豆のように「ねばり」が物体の質量を決定するとはおどろきである。
 自然界にある、「当たり前」を疑ってみるのもおもしろい。
 

例会を楽しむ

 投稿者:ODA  投稿日:2012年 7月11日(水)23時55分29秒
   今月から、新年度を迎え新鮮な気持ちで例会に参加しています。本日の例会で発表したように、例会に参加して楽しむことを心がけたいと思います。親睦を深めるための方法はあると思います。酒を酌み交わすことも一種だと思いますが、他の手段も考えたいものです。その方法を論じることもれいかいの場で行えば、例会を楽しめるのではないでしょうか。
 マンネリ化した「親睦」のあり方を模索し、議論をすることを楽しみにしながら、毎週の例会に参加しましょう。
 

柔軟な頭

 投稿者:ODA  投稿日:2012年 6月11日(月)23時02分23秒
   昨日のニュースで、未婚者が増えていることが大きな社会問題であると考え、2004年に宇都宮で町をあげて婚活をサポートしたことが「街婚」のはじまりとされているとの紹介があった。
 最初は「町おこし」のためには何が良いか考えていく中で、ミスマッチともいえる婚活に注目し、イベントに参加してくれる店を募った。これが全国に広まり昨日は、全国で31ヶ所?で開催されたようである。このように、新しいアイデアは生まれるものであると感心したしだいである。
 先日の例会で「社旗奉仕」について討議をしたが、こんな斬新な考えが浮かぶことはなかった。うらやましいかぎりである。
 

国際奉仕のこと

 投稿者:門田 眞一  投稿日:2012年 6月 6日(水)23時08分54秒
  今日の例会には、ホスト・マザーの西岡夫人にも出席していただきました。エミリーの帰国まで3週間。藤井先生をはじめホストファミリーのおかげで1年間、色んな体験ができたのでは。特に最後のホストファミリーが一番気を使うのです。ロータリーの交換留学生事業は、5100地区と2670地区の国際的な青少年育成のプログラムであり、言うまでもなく伊予クラブ会員全員が支えないとできない事業です。長期でも短期でも「ホストファミリーにお任せ」という方はいないと思いますが、エミリーや田中麻衣ちゃん・出海奏子ちゃんは、わがクラブの「大事な子ども」という意識で声をかけ、励ましてあげてくださいね。彼女たちにとっては、ロータリーが取り持った人生の貴重な時間・出会いですから。西岡ご家族にも「ごくろうさま」の気持ちもわすれずに!  

クラブ運営

 投稿者:武内  投稿日:2012年 5月12日(土)16時35分52秒
  委員会の人選は難しいですよね。今回私は、出席、ニコニコ、親睦、新世代の副委員長の4つの委員会での配置になっております。毎年の会長のお考えですから、それに関しては素直に受けるしかないと思ってはおりますが、正直負担が大きいなと感じております。出席、ニコニコ、親睦を一つの委員会にしてしまうのも方法かもしれません。しかしその時は他の委員会とのダブリはなくしたほうがいいかもしれません。
 

原子力エネルギーの原点

 投稿者:ODA  投稿日:2012年 5月10日(木)23時39分27秒
   そもそも地球には原子力エネルギーの源であるウランは存在しなかった。それではどこから運ばれてきたかどのような過程を経てきたかというと、誕生間もない地球に宇宙空間から降り注いだ宇宙線または隕石の衝突などによって、地球外からもたらされたものである。
 したがって、地球上でウランを燃料として使用することは「パンドラの箱」をあけたようなものである。地球上の生命体の存在を脅かすものであり、ウランを燃料とすること自体が命取りになる。
 地球が43億年かけて築いた歴史を人類が100年足らずで終止符を打つわけにはいくまい。優秀な科学者の英知に期待するしかない、凡人の希望である。
 また、今夜も楽しい胸の中へ・・・・
 

クラブ運営の難しさ

 投稿者:ODA  投稿日:2012年 5月 9日(水)00時03分18秒
  何事も実施して、さまざまな問題点が発覚するものです。前回の炉辺会合ではまさに合同委員会の問題点について考えさせられました。集約できるものとできないものについて再考をしてみることも大切かと思います。個人それぞれの意見を取り入れて、よりよいクラブ運営ができることを会員各位で考えてみましょう。  

炉辺会合

 投稿者:門田眞一  投稿日:2012年 5月 3日(木)11時42分54秒
   昨日、えひめ洋紙の山本さん卓話ありがとうございました。その後の自主懇親会で、次年度委員会、出席・ニコニコ、親睦の合同打ち合わせや委員の構成が話題に。委員会の合同運営は、私が会長の時に採用したもので、小規模クラブでのクラブ奉仕を効果的にという目的でした。委員会方針は各委員会で決めますが、実際の出席当番や親睦準備の人員が4~5人では負担が大きいということで協力体制をとったものです。委員会によっては少人数で運営できる部門もあり、バランスも大事でしょう。次年度のことではありますが、会長・副会長・幹事を先頭に皆さんの協力を!  

エミリーがスピーチします。

 投稿者:門田 眞一  投稿日:2012年 3月26日(月)00時14分51秒
   エミリーが伊予市に来てから7か月たちました。藤井先生ところから私の家に。魚などの食べ物は相変わらず苦手ですが、だいぶん慣れてきたかな。4月7日には最後のステイ先・西岡先生宅に移ります。帰国は学校の関係で7月1日になりそうです。エミリーが「日本語でプレゼンをしたい」と言い出したのは、渡邉会員の内部卓話でのスライドを見てから。オレゴンのことや家族や学校の話をしたいとのこと。゛秘蔵のビデオ゛も紹介するはずです。みなさんお楽しみに。
 

レンタル掲示板
/21